京都 宇治茶匠 「きよ泉(きよせん)」の抹茶&ほうじ茶チョコレート

2月14日の「バレンタインデー」には少し早いですが、先日、義母からチョコレートを頂きました。

写真 2018-02-04 10 50 47.jpg

京都宇治茶匠「きよ泉」のチョコレートです。こちらの「きよ泉」さんは、宇治茶や抹茶を扱っていらっしゃるお店。そのお店が作るチョコレートです。

写真 2018-02-04 10 50 05.jpg

「京都宇治のチョコレート」。いい響きです。期待が高まります。
ふたを開けてみると、

写真 2018-02-04 17 06 14.jpg

どうやら板チョコのようです。1枚1枚、丁寧に封がされてます。
チョコレートは2種類あるようです。1つは

写真 2018-02-04 17 06 36.jpg

「宇治抹茶のチョコレート」。抹茶チョコレートは定番ですが、果たしてどんな味なのか。
もう1種類は、少し変わってます。

写真 2018-02-04 17 06 26.jpg

「ほうじ茶チョコレート」。ほうじ茶のチョコレート? あまり聞きません。これは珍しいものをいただきました。

まずは「宇治抹茶のチョコレート」です。

写真 2018-02-04 17 09 30.jpg

しっかり「茶 きよ泉」の印があります。割って食べてみると、非常に茶の味が濃厚です。抹茶の味が口の中に広がります。さすが、お茶を扱うお店のチョコレートです。ちょっとほかの抹茶チョコレートとは違いますね。

続いて「ほうじ茶のチョコレート」。

写真 2018-02-04 17 07 47.jpg

最初食べた時は、普通のチョコレートの感じ。あれっ、と思っていると、しばらくして鼻からぬける感じで、ほうじ茶の味が。なるほど。ほうじ茶とチョコレート、意外に合いますね。渋味がいい感じです。これは面白い味です。本当に珍しいものをいただきました。なかなか自分では買わないですからね。

さっそく義母にお礼の電話をしたところ、「(洋風はほかでももらうでしょうから)和風のものがいいかと思って」とのこと。確かに、この時期に和風のチョコレートをいただくことって、あまりないですものね。いろいろ考えてくださっていることに感謝です。

もらい物なのに少し失礼でしたが、こちらのお店の品物を調べさせてもらったところ、楽天市場で詳細な情報が載ってました。



こちらの商品自体は私がいただいたもの(8枚入り)とは入っている枚数などが違うようですが、中身はほとんど同じみたいです。説明によると、抹茶チョコレートには石臼挽きの宇治抹茶が8%も入っているそうです。なるほど、だから抹茶の味がふわっと広がるんですね。

お値段も手頃ですし、年輩の方へのプレゼントにはいいのではないでしょうか。見た目も高級感がありますし、甘すぎず、食べやすいですよ。今は「お買い物マラソン」中ですしね。おすすめです。

この記事へのコメント

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

近畿ランキング

ふるさと納税ランキング